40代からの肌トラブルに!試して選んだ化粧品を紹介しています。

40代におすすめの優秀化粧品6選【写真付き】体験レビュー

美白化粧品

アンプルールのハイドロキノンクリームは安全!?副作用は?

投稿日:

ハイドロキノンはシミの漂白剤って本当?

シミが薄くなる化粧品の成分で最も効果があると言われているのが「ハイドロキノン」。
このハイドロキノンの美白効果は、従来の美白成分(アルブチンなど)と比べ約10~100倍の美白作用があると言われています。医療現場でも用いられる美白成分のひとつです。

ハイドロキノンの美白効果

メラニンの生成を抑える

直接そのメラニン生成を抑えるのではなく、メラニン生成を助ける物質(酵素チロシナーゼ)を予防します。これにより「シミ予防」に効果的です。

アルブチンなども美白成分にも同様の効果がありますが、ハイドロキノンは約100倍強力です。

メラニンを薄くする

アルブチンなどの美白成分は、メラニン生成を抑えるものがほとんどですが、ハイドロキノンだけは、出来てしまったメラニン色素自体を薄くする作用があります。

そのため、美容クリニックや皮膚科でもシミの色素沈着の治療によく使われます。

ハイドロキノンは、シミの予防だけでなくシミを薄くする効果もある強力な美白成分です。一般的な美白成分の100倍の美白効果が期待できます。

ハイドロキノンって副作用はないの?

ところで、そんな強力なハイドロキノンは副作用はないのでしょうか?某メーカーのような被害がでるような成分なのでしょうか?

これが一番気になるところだと思います。ハイドロキノンは欧米や日本で発売してから長い期間が経っている美白成分です。厚生労働省の認可こそ受けていませんが今までに白斑などの重大な被害は出ていない美白成分です。

ただ、ハイドロキノンを使う場合には次のいくつかの点に注意が必要です。

ハイドロキノンクリームは保管は冷暗所で!

ハイドロキノンクリームはできれば冷蔵庫で保管するのがベストです。熱による化学変化が起きやすいのがハイドロキノンの特徴です。

顔全体に塗るのではなくスポットでシミになっている部分だけに塗る

他の美白成分もそうですが、特にハイドロキノンは刺激が強いので顔全体に塗るというよりは、できてしまったシミに塗るのが効果的です。スポット的に使う事でクリームの節約にもなりますし、肌への刺激副作用を減らすことができます。

夜寝る前に塗り、塗った後に日光(紫外線を当てない)

ハイドロキノンを塗った後は太陽光(紫外線)を当てないようにしましょう。刺激が強いところに紫外線をあててしまうと、発赤などの副作用が出る場合があります。できれば寝る前に必要なだけの量をシミができている部分にだけ塗りましょう。

ハイドロキノン配合のクリームといえばアンプルールコンセントレートHQ110

ハイドロキノン配合でスポット的に使えるクリームと言えばアンプルールのラグジュアリーホワイトシリーズのコンセントレートHQ110が有名です。

女優、モデルさんなども愛用していて、多くのベストコスメにも選ばれている知る人ぞ知る美白化粧品です。

 

>>アンプルールハイドロキノンクリームを格安で試すなら!

 

アンプルールのハイドロキノンクリームは安全なの?

アンプルールのハイドロキノンクリームの特徴!

スポット仕様で使えるクリームなので出来たシミを直接攻撃!

アンプルールのコンセントレートHQ110はスポット美容液なため刺激が強いハイドロキノンを顔全体に塗る必要がありません。シミのできたところに集中投下することでより効果が発揮できます。

アンプルールだけの新安定型ハイドロキノン配合

アンプルールのハイドロキノンはBCDACに守られていて熱や光に強い成分になっています。これにより今までは化粧品としては使われなかった強力な美白成分のハイドロキノンがはじめて美白化粧品に使われることのなったのです。

皮膚の専門家=皮膚科医師が開発した安心のクリーム

アンプルールを開発したのは皮膚の専門家 高瀬医師です。自らシミの臨床に携わり毎日のように研究した成果が定評あるアンプルールの美白化粧品を生みました。

長年売れ続けている安心感!

アンプルールは多くの女性誌でも取り上げられ、美容の専門家が選ぶ化粧品には毎回のように選ばれている非常に信頼される美白化粧品です。歴史も古く多くのファンがいるのがアンプルールの特徴。

>>アンプルールハイドロキノンクリームを格安で試すなら!

おすすめ記事

-美白化粧品

Copyright© 40代におすすめの優秀化粧品6選【写真付き】体験レビュー , 2017 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.